今より楽しく実りある毎日を送るキッカケを提供していきます!

オモロイ毎日

生い立ち

駒場由行の生い立ち|大学でお世話になった同期集|

投稿日:


もうすぐ学生生活を終える身ですが、やはり大学時代が一番遊んだなと思います。

やることの大半を自分で好きなように決められたのは良かったですが、その分悩みも多かった気がします。

総じて非常に学びのある4年間でしたが、この4年間を充実させてくれた友人たちには本当に感謝です。

 

今回は、この4年間で僕が特にお世話になった、学びになった友人(サークル・学科)を何人か紹介したいと思います。

(ちゃんと全員から許可を貰ってます!笑)

 

サークルの友人

単純にふざけるためだけに入ったつもりでしたが、その中にも思い出はもちろん、学びもありました。

 

SY君

トップバッターはSY君。

彼と初めて会って名前を聞いた時は衝撃でした(笑)かの有名な野球選手と同じ名前だったので!(漢字は違ったかな?)

 

1年生の時から仲良くしていたので、2年次のアメリカ留学のお土産としてSY君にショットグラスをあげました。

彼は「ありがとう!」と言ってくれたのにも関わらず、気付いたら、そのグラスを油を拭き取った後のゴミ入れとして使っていました。あり得ないですよね?(笑)

笑いに欲があるのは良いですが、そこはちゃんと使って欲しかったです...

 

そんなSY君ですが、彼とはサークル以外の話をよくしていました。

政治、サッカー、本、生き方、、、

幅広いことに興味を持つ彼との話はいつも楽しかったです。

 

僕はサークルではふざけることを目的としていましたが、やっぱり真面目な話もしたいなと学年を重ねる毎に感じていました。

でも、キャラ故になかなかそれができず。

 

そんな中でも、SY君は僕がブログを始めた時も、「あいつ大丈夫か?」みたいな冷ややかな目を持たず、むしろ興味を持って色々と聞いてくれました。(周りといる時はいつもイジってくるけど笑)

最終的には彼もブログを始めてくれて、正直めっちゃ嬉しかったです!

また、彼は一人の時間をちゃんと確保して大事にしていました。遊び盛りの時にも、そうやって自分を律することができる彼に尊敬もしていました。

 

もっと他分野な話をこれからもしていきたいし、これからのSY君のブログも楽しみです!

昼飯ばかり一緒に食べてましたが、いつかサシ飲みしたいですね(笑)

 

FY君

続いてはFY君ですが、別名UD君とも呼ばれています(笑)

日帰りドライブという“the大学生の遊び”と呼ばれるものを最初にする時に、僕はFY君を呼びました。

あの時より前から今に至るまで彼に対する印象は変わらず、ホンマに接しやすい男でした!

 

(本人にも直接言いましたが、)彼は自分の話をめちゃくちゃ笑いながらします。普通はヤバいです。まず嫌がられます(笑)(でも不思議と、彼に対して嫌悪感を抱いたことは個人的にはなかったです。)

 

本当に、“良い奴”を代表する人だったのに、僕がサークルに行くのが気まずくなるに連れて、サークルの人たちと関わることがどんどん減ってしまいました。

それにも関わらず、僕が就活が早く終わることを知ったFY君は、「一緒にキャンプを企画しよう!」と誘ってくれました。

そして5月の中旬に10人程でキャンプを企画しましたが、あのキャンプを境にサークルに対する居心地の良さが大きく変わりました。それも全て彼が一声かけてくれたおかげです。

 

FY君の自分が前に出ようとせずに、周りを立てて楽しませようとする姿勢には、学ぶものがありました。エンターテインメントの形って色々ありますもんね。自分のことに必死だった僕にとって、彼のその姿勢は羨ましい限りでした。

 

またいつか、彼と一緒にキャンプや旅行がしたいですね!

 

NY君

サークルの最後はNY君です。(ちなみに、以前何度か他の記事で出てきたNY君とは彼のことです笑)

彼とは今のサークルではなく、違うサークルの新入生歓迎の時期(4月)で出会い、そこからの付き合いです。

彼はよく分からないタイミングで無茶振りをしてきて、僕はいつも困らされていました。僕が苦手だと分かっている上でやってくるのですから、タチの悪い奴です(笑)

 

大学1年生編で話しましたが、NY君がいなかったら僕は確実に1年生の段階でサークルを辞めていました。僕が留学している時も、3年次になってどんどん行かなくなっても、彼は時々連絡をくれました。

彼自身、そこまで難しいことは考えていなかったと思いますが、僕はその何気無い連絡でも救われていました。

彼のように、困っている人や悩んでいる人に対して些細なことであれ何かしてあげようとする態度は、これから僕も意識していこうと思います。

 

NY君がサークルの会長をしていた2年次の時に、一切関わることができなかったのは今でも残念に思います...

 

長い付き合いとは言え、よく遊んでいたのか?と問われたらそれはNoです(笑)

でも、ドライブ・旅行・鍋パ・USJ・サシ飲み・漫才と色んなことをして、その一つひとつを今でも鮮明に覚えています。

 

またいつか会った際、今までやったことがない遊びを彼としたいですし、思い出・現状・これからと、様々な話をいつまでもしたいですね!

 

学科の友人

学科内での関係性は狭かったですが、その分深く関わる人が多かったです。その中でも、僕にとって特に深かったのが以下の5人です。

 

TS君

学科のトップバッターはTS君。実は大学生活において、4年間ずっと一緒だったのは彼だけなんですよね!(笑)

彼は寂しがり屋で本当は皆ともっと仲良くしたいけど、その辺りがどうも不器用でね(笑)その分、一人の時間を有効に使っている人でした。

 

他何人かの友人を含めTS君と初めて遊ぶ際に、彼は早速寝坊して遅刻しました(笑)あまり良い印象ではもちろん無かったですが、お互い下宿していたこともあり、帰りにそれぞれの家に行って色々話しました。

それを機に仲良くなり、1年生の頃はよく一緒にいました。困ったら基本彼と一緒にいましたね(笑)

 

そこから留学先も同じだったのですが、1年弱という短い期間しかなかったので、僕はなるべく新しい友人と一緒にいようとしていました。それ故、TS君と会う回数は極端に減り、その流れか3年生になっても以前ほどは関わりを持ちませんでした。

とは言え、就職活動の時期をはじめ、たまにではありましたが2人で食事をすることがあり、その度に彼とは深い話をしていました。

 

TS君は観察力が高く、会うたびに僕の良い面と悪い面を言ってくれました。両面をはっきり言うのってなかなかできないですよね?

関わりは減ったとは言え、よく見ててくれたんだなと感じました。素直に嬉しかったです。

 

非常に向上心が高い人でもあるので、今後会えた時に互いに刺激を与え合える関係でありたいですね。

 

MY君

続いてはMY君。別名UD君です!(そうなんです。僕にはUDという名の友人が2人います笑)

初めて会った時は天然パーマ全開でしたが、少し色気付いてストレートパーマをかけてからは、昔のような明るいオーラが少し消えました(笑)その分クールになりましたね。

 

MY君は優しくて、格好良くて、酒が強くて、麻雀ができて、けん玉ができて、、、

正直勝てないです(笑)僕にあって彼にないものはエネルギー量ぐらいですかね。

 

彼とも1年生の初めから遊んでましたが、グッと距離が縮まったなと感じたのは、留学前に2人で彼の家で飲んだ時ですね。お互い皆といる時は表面的に楽しそうにしてばかりでしたが、家で話していた時にそうではない一面を見れて、彼の面白い過去の話や真面目さを知りました。

 

MY君は交友関係がめっちゃ広いのか?と聞かれたら、はいとは言い難いですが、関わる友人たち一人ひとりを本当に大切にします。

僕が最後の謝恩会の際に、「どうしてもこれには付き合って欲しい」と何度か頼んだ時、本当は乗る気ではなかったかもしれませんが、彼はどのお願いに対しても文句を言わずに「いいよ!」の一言で受け入れてくれました。

 

自分の時間を大事にするのは生きる上で重要です。でも、彼のように人のために時間を割くことを惜しまない人に僕もなりたいです。

次会う時までに、もっと彼に近づけるように頑張ってみます!(笑)

 

KAさん

次はKAさん。ここでは唯一の女性ですね。

本当にアホな子です(笑)トンチンカンな発言や行動が多く、思わず心配になることも多々ありました。天真爛漫とはまさに彼女のことを指すのではないでしょうか?(笑)

 

KAさんはノリが良くて、よく笑う人だったのでよく遊んでました。誰を誘おうか悩んだら基本彼女に声をかけていたので、もしかすると大学時代に一番遊んだのは彼女かもしれません(笑)

 

普段はアホな面ばかりが目立ちますが、実は相談しやすい人でもあって、困った時に彼女に連絡することがよくありましたし、時には相談されることもありました。

僕と仲の良い友人と付き合うことになった時はマジで嬉しかったです。このまま結婚するのかな??(笑)

 

一見口が軽そうで何でもベラベラ話しそうなKAさんですが、本当は口が固くて、ノリや勢いに任せて他の人に話すこともなく、めっちゃ信頼できる人でもありました。

 

アホだアホだと本人にもよく言ってましたが、そのアホさが接しやすい人物像を形成していたんだろうと感じます。

真面目に生きようとする人たちを否定する気は全くないですが、肩の力を抜いて思いっきりふざけたことをするのも大切だと、彼女を見て思うものがありました。

 

男女の友情が成立するのは難しいとよく聞きますが、KAさんとはその関係が成立したと自信を持って言えます。

これからもアホなことして遊んでいきたいですね!

 

AT君

残すとこ後2人となりました。続きましてAT君です。この写真は彼と謝恩会で漫才をした時のです。

旅行や行事といった大事なイベントでも結構遅刻する人でした。最後には色々と困らされましたよ〜(笑)良くも悪くもマイペースな一面がありますね。

 

初めて会った時からAT君の頭の良さは羨ましかったです。留学がしたくて国際系の学部に入る人が多い中、彼は英語が苦手だからこそ挑戦したくてこの学部に入ったそうです。なんとかして受験を通った僕とはこの時点で差を感じました。

物事を客観的に冷静に捉えるのが上手く、彼と一緒に謝恩会の幹事をやった際には、彼に何度も助けてもらいました。感情的要素が強い僕とは真逆だったため、良いパートナーだったなと今でも思います。

 

そんな凄いAT君なんですけど、めっちゃガキな一面もありましたね。

人の大事なコートのポケットの中に平気で雪詰め込みまくったり、必要以上にいじってきたり、登山で自分なりの道決めて勝手に進んで行ったり、、、

本当に何度も困らされましたよ(笑)でも愛嬌のある人で、何だかんだ許してしまうんですよね。それに、僕もアホなことをするのは大好きなので、彼の振る舞い方もなんか好きでした。

 

自分のこだわりを持って、でも自分の立ち位置を考えた上で言動をし、誰よりも子供で誰よりも大人だなと感じました。

「やる時はやり、遊ぶ時は遊ぶ。」どんなに忙しくなっても、彼のその姿勢を見習ってこれからも仕事と休みを両方楽しめる大人になりたいです。

 

フットワークが異常に軽いので、会いたくなったらすぐに連絡しようと思います!(笑)

 

SK君

最後はSK君。彼とは大学で唯一、一緒に海外旅行をしました。

何をするにも行き当たりばったりが多く、計画性のない人でした(笑)一人で行動する時はちゃんとしますが、彼と一緒に旅行したり遊ぶ時に、彼が予定を立てることはまずなかったです。良い意味で何とでもなる精神が強かったですね。

 

共に高校までは体育会系で、二人とも浪人してて、二人とも下宿で、クラスやチームの代表の経験があったり、じっとしてるのが昔からずっと苦手だったり(笑)、、、

SK君とは共通点が多かったです。それ故か共感できることが多く、一緒にいてて楽だなと感じることが多かったです。

 

でも、彼といて本当に良いと思えていた理由は、自分のこだわりをちゃんと持った上で、僕のどんな話も常に真剣に聞いてくれていたからです。自分も相手も尊重できる器の大きい人でした。

頻繁に会っていた訳ではないですが、会う度にいつも彼には人間関係に関する悩みや他の悩みを相談していました。自分の振る舞いに自信を持てない時に、彼はいつも背中を押してくれました。本人は気付いてないかもしれませんが、いつも救われていました。

 

器の大きな人間になりたいと思わない人はまずいないはずです。でも実際は自分のことで一杯一杯で、なかなか上手くいかない人が多いのではないでしょうか。

SK君も自分に余裕があった訳ではないでしょう。それでも僕なんかに真摯に向き合ってくれる彼の姿勢には、今でも本当に憧れています。

 

僕は友人の数が多い方ではないですが、本気で心の底から失いたくないと思える友に出会えました。これは何よりも幸せなことです。

 

会える頻度は今後減っていきますが、また会った時には色んな相談を聞いて欲しいし、僕も彼の相談に今以上に真摯に向き合いたいと思います!

(とかなんとか言って、明日から彼と旅行するんですけどね笑)

 

終わりに(この記事の目的)

かつてない程自己満足な記事になってしまいましたかね?(笑)

他にも、一緒に授業や筋トレ、就活を頑張ったり、共に相談し合う人がいました。ここには挙げられていないですが、彼ら一人ひとりとの関わりがこの4年間を充実したものにしてくれました。

 

本当にありがとう!!

 

 

この記事を通して、僕は別に「俺には良い友達がたくさんいるんだ!」という自慢がしたい訳ではありません。

今読んで頂いたあなた自身にも、こういった思い出や学びのあった友人がいるのではないでしょうか?

新しいステージに立つ前に、その思い出や学びの振り返りをしてみるのも良いと思います。

 

また、直接会った際には、「今までありがとう」と一言伝えてみてください。恥ずかしいけど、言われたら誰しもが嬉しいはずです。

そしてこれからもその関係を崩すことなく、それぞれの舞台で頑張って欲しいです!!

 

 

皆さんの毎日の生活が
より楽しく実りあるものになりますように。







-生い立ち

Copyright© オモロイ毎日 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.