今より楽しく実りある毎日を、一緒に創造していきませんか?

オモロい毎日

人間関係

「言える人」と「言えない人」|持つべきものは自責の念

投稿日:

皆の意見が飛び交う議論と

特定の人しか話さない議論

 

皆にとって、どちらがより良い(納得できる)決定を下せるでしょうか?

 

 

僕は前者だと思います。

人の数だけ考え方があります。
考え方が多いほど、物事を多面的に見られます。
.
.
.
と考える人は多いでしょうが、
現実はそう上手くいきませんよね。

 

グループによっては、
話す人が常に同じ
話さない人はとことん無口

なんてことありませんか?

 

 

では、この

”言える人”と”言えない人”

がいる中で、

各々はどのように振る舞うべきだと、あなたは考えますか??

 

互いが抱く印象

まずは言える人と言えない人、互いに相手に対してどのような印象を抱いているか考えてみましょう。

 

言える人言えない人に抱く印象

言えない人は、

本当に言えないのか、
ただ単に言わないのか、

わからない時があります。

 

とは言え、ガツガツ話すわけではないため冷静な印象を受けます。

「一歩引いて見てるんだな〜」
って感じですかね。

 

 

でもどちらかと言うと、

「なんで自分の意見をちゃんと主張しないのかな?」
「はっきり言ってよ!」

と思う人の方が多いでしょう。

 

議論とは意見交換の場であり、
そこで何も言わないとなると話が良い方向に進まないため、
イライラしてしまうでしょう。

 

言えない人言える人に抱く印象

言える人は、

ただ自分の考えを言いたいだけなのか、
周りの意見をちゃんと聞いた上で意見を述べようとしているのか、

分かりづらい時があります。

 

いずれにせよ、相手が何を考えているかは分かるし、

「人前でちゃんと話せて凄いな!」

と思うでしょう。

 

 

ですが、その相手がどんどん話せば話すほど、

「私が話しても大丈夫かな?」
「なんか、話づらいな...」

とも思ってしまうことがあります。

 

言えない人は自分の考えに自信を持てないため、
ガツガツ話す相手に苦手意識を抱いてしまうかもしれません。

 

持つべきものは自責の念

互いに少しは尊敬できていても
ネガティブな思いの方が強いのが現状です。

(どの程度言えるか・言えないかにもよりますが、)

 

だから、そのマイナスな印象を抱かせている相手が悪い!
.
.
.
.
.
と考える前に、一歩立ち止まってみてください。

 

相手が悪いと決めるつける前に、

「自分にも原因・責任があるのでは?」

と考えてみてください。

 

”自責の念”です。

 

言えない人が持つ自責の念

「なんか言いづらいな〜」

と感じる時、環境のせいにしないでください。

 

意見に正解・不正解はありません。
どんな意見も貴重です。

 

厳しい話ですが、
自分をアピールできなければ、どんな場にも居続けられないです。

 

でも、
あなたが言えば良いだけの話です。

言えばあなたも周りの態度も変わるはずです。

 

言える人が持つ自責の念

「はっきり言えよ!」

と思った時、言えない相手を責めないでください。

 

ただ言うだけですが、
それでも、発言するという行為には勇気がいります。

(僕も人前で話す時は常に緊張してます。)

 

だからこそ、言いやすい環境を作ってあげてください。

環境作りだけで議論の質は大きく変わるはずですから。

 

過度な自責はNG

”自責”というと、辞書的には

自分で自分を責めとがめること

という意味になります。

 

自己否定に近いニュアンスにも聞こえますが、
なにもそこまで自分を責める必要はないです(笑)

僕が伝えたいのは、

 

相手のせいにするのではなく、
どうやったらより積極性のある議論を交わすことができるのか、
そのために自分は何ができるのかを考える

 

その上で、

上手くいかない原因は自分にあるのでは?

と考え始める姿勢を持つことが大事なのではないかと思います。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

”言える人”と”言えない人”

どちらが良いかなんてありません。

 

お互いに良い点・悪い点があります。

だからこそ、相手の悪いところを責め続けるのではなく、
自分の悪いところを見つめ直して欲しいです。

 

合わせて、両者の良いところもちゃんと見ることができれば、
もっと良い議論ができたり、関係を築くことができるのではないでしょうか。

 

 

皆さんの毎日の生活が
より楽しく実りあるものになりますように。

 

P.S.

先輩のOさんの話です。

Oさんは高校時代、ハンドボールをしていました。

 

身長は179cmもあるのに対して、体重はたったの63kg。

周りから、細すぎ!とからかわれていたそうです。

 

そこで、
太りづらい体質ではあったものの、
ウエイトリフティングを頑張ったり、
食事の量を増やすなどして、

なんとか半年かけて4kg増に成功しました!

 

時間はかかったものの、嬉しかったOさんは
当時流行りのミクシィで

「67kgいった!!!」

と体重計の写真と共に報告し、周りから祝福されていました。

 

 

 

 

しかし翌日、食中毒にかかり
2日で6kg減ったそうです。







-人間関係

Copyright© オモロい毎日 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.